彼らは選手で

戦士だ。

”パラアスリートこそ現代の武人。       

   パラ戦士の覚悟の姿を発信したい”

武人画師『こうじょう雅之』による、
パラスポーツ競技+武人画プロジェクト。

 

『覚悟』というテーマで

様々な角度から武人を描き続けた こうじょう雅之 。
パラスポーツの一端に触れ、

その競技におけるアスリートを

『覚悟ある武人』と感じたことで

漠然と『覚悟というテーマ』

だけを追い求めていた自分の活動において

『パラアスリート』を『武人画』として描く事こそ、

自身の天命であると思い至った。

 

本プロジェクトは

アスリートの方々にインタビューをさせて頂き、

その思い受け

武人画化』し、ビジュアル発信を初め

スポーツ』+『アート』+『音楽 』

のボーダレスな3つの世界の様々なプラス作用を生み出し

競技の応援者を拡大の一端を担うプロジェクトです。

 

競技を知り、競技者を知り、想いを知り

それらを描き、音を生み出したり。

今までに無い形のコネクトサポートを

して行きたいと思っております。

”応援する人々。ファンを増やす事が       

           パラ戦士への本当の応援”

武人画を描くことが目的では無い。

パラ競技を知り、好きになり、

応援者・ファンを増やす事が目的。

パラ戦士は常に100%

のパフォーマンスをする為に

日々鍛錬をしている。

しかしながら、必ずしも100%のパフォーマンスが

出来るというものでは無いのです。

99%のパフォーマンスかも知れない。

しかし、その1%は私たちファンの応援で

埋まるかも知れませんし、生まれるかも知れません。

私たちはその1%になるファンの力を

パラ戦士に届けるべく、

このプロジェクトに尽力しています。

不自由はある。

​不可能はない。

パラ卓球選手は、不自由を抱えている。

歩くこと。立つこと。腕を伸ばすこと。

それぞれの困難と向き合っている。

それでも、彼らは卓球に挑む。

手が届かないなら足を動かせばいい。

自分が動けないなら相手を動かせばいい。

できないことを嘆くのではなく、

できることを磨くことで、

卓球と、障がいと、人生と、向き合ってきた。

彼らは、どんな不可能も超えていく。

不自由だからこそ生まれた自由な発想で。

彼らの瞳に映っているのは、

あなたの知らない卓球だ。

これは、パラ卓球のパンフレットに書かれていた一文。

​私はこの一文にとても感銘を受けた。

人生においての教訓、生き方そのものの言葉だと思った。

だからカッコイイし、みんな輝いている。

どの競技もインタビューに応えてくれる戦士の皆さんは、

本当に底抜けに明るい。

無い腕や脚。

曲りくねった手や体。

聞き取りにくい言葉。

義足や義手に車イス。

のどれもが「カッコいい」し「美しい」。

自分と向き合い覚悟をした人間の姿。

本当にカッコいい。

パラ戦士のカッコ良さ、

生き様全てを、

のプロジェクトで伝えることは難しい。

れでも知ってもらう一端の活動に天命として尽力したい。

このカッコ良さ、面白さを知り、

それを誰かに伝えないのは罪だ。

この想いや、パラ戦士という

世界と戦うアスリートたちを好きになり、

応援する仲間が集うことを

何よりも願う。

©︎パラプラスプロジェクト実行委員会